台灣高鐵

鉄道の安全対策

自動列車制御措置

自動列車制御装置

ATC ( Automatic Train Control ) 自動列車制御装置のご案内

一定期間内でただ一列車の走行を目指すために、高鉄は安定性と信頼性の高い信号システムを持っており、列車運行に関するセキュリティー条件をそのシステムから見せるので、運転席側がそのデータに従って運転することができます。列車衝突を避けるため、自動列車制御措置(ATC)は即時に列車及び運転指令所へ警報を転送することができる、運転速度を制限速度の超えないままコントロールすることもできます。その故、安全運転を確保することができます。

ATCは前方列車の位置、運転指令所の授権範囲及び線路等の状況により、連続的に列車の制限速度を計算し続けることができます。運転席側はその計算された速度で安定的に、効率的に、お客様を目的地に送ることができます。

運転している列車の速度は制限速度を超えることを測定した場合、ATCはオーバースピートを避けるように、又は、前方列車に接近過ぎないように、自動的に減速することができます。その上、大地震、落石、地滑り、異物侵入等のことが発生した場合、列車の安全運転に直接影響する可能があるので、ATCも列車の安全運転を確保するため自動的に緊急停車いたします。

ビジランス装置(Vigilance Device)

運転席側が正常的に勤めることを確保するために、高鉄列車はビジランス装置が設置されております。システムの作動期間が 60 秒設定されるので、運転席側は 60 秒以内に関連装置を操作しない場合、運転室の警告アラームが鳴り、セキュリティーランプが点滅します。5 秒以内に運転席側はまた反応しない場合は、ビジランス装置はその状況を即時に運転指令所と列車長に通報いたします。

天災警報システム

台湾高速鉄道運転指令所は管理中枢でございます。台湾高速鉄道の天災警報システム(DWS)は、高速鉄道沿線に緊密に設置された観測装置により、地震、強風、大雨、傾斜スライド、地滑り、落石、洪水等の状況を検出するものです。検出された警報は自動列車制御システム(ATC)を通し、即時に列車及び運転指令所へ送り、列車の運転席側および駅係員がそのデータによって対応処置を行い、安全運転を確保することができます。

天災警報システム(DWS)は、地震検知器、気象観測装置、侵入防止警報装置を含んでおります

地震検知器

鉄道沿線における通信用機関室の中に設置された地震検知器は40ガル(約震度4級)を測定した場合、この装置は運転指令所及びこの区間で運転している列車に自動的に警報をお送りします。

警報システムは地表加速度の特性を利用して、地震警報のレベルを設定し、対策本部と運転指令所は実際のニーズによって、相関単位を指示し、影響された地域の施設と構造を検査し、安全確認後、一部の列車運行が再開されるが、制限速度で運転し始め、引き続いて正常的に運転します。

気象観測装置

風力、雨量、および水位等を観測できる装置です。運転指令所に強風、豪雨及び洪水等の警報情報を送り、列車運転制限の重要な参考データとします。随時に検討修正し、必要な速度制限調整を行います。

侵入防止警報装置

山間部で地滑り観測、落石観測、および異物侵入の観測を含みます。高鉄レールの地域で地滑り、落石、異物等が列車運営安全に影響するときに、当装置はその区間で運転している列車に自動的に警報を送信し、対策作動も行います。

安全第一。それは台湾高鐵会社の最優先の作業原則です。サービス優先。それも全ての作業の優先準則です。システムの設計上、「ファールセーフ」(Fail-Safe)の考え方で整体的に仕組みにしておきます。どんな状況が発生しても旅客と運転の安全を最優先します。

山間部地滑り観測装置 地震検知器 風速計
山間部地滑り観測装置 地震検知器 風速計

動物が高鉄線路に侵入時の取り扱い方針

高鉄沿線に隣接している農場及び普通住居の民衆は飼育される動物(牛、羊、犬等)に高鉄レールエリアに侵入させないでください。高鉄の正常的運行に影響を与えないようお願いいたします。

動物が高鉄の線路に侵入することを発見した場合、台湾高鉄会社運転指令所に通報してください。

高鉄隣接地区広告建物および高茎草本植物防災宣伝

高鉄沿線における高茎草本類、樹木群、竹類は適当に切り整えや伐採等の取り扱いをすべきです。又、ブリキ板及び建物附属の施設(給水塔等)も強固にすべきです。台風や豪雨のせいで、高鐵の安全運行に注意を払う必要があります。もし管理や維持不当のせいで、高鉄に運転事故を起こさせた場合、事業主及び所有者は公共危険罪及び損害賠償等の責任を負うことにします。

ケース1

ケース1

不動産売買広告用のズッグは高鐵の胸壁と3メートルより遠くて、2メートルより高いです。それは強固ではなくて、風で倒れやすいので、高鐵の運営に影響します。

ケース2

ケース2

ガソリンスタンドにおける大きな広告看板は高鐵の胸壁と13メートルより遠くて、10メートルより高いです。それは強固ではなくて、風で倒れやすいので、高鐵の運営に影響します。

ケース3

ケース3

高茎草本類は高さが高鉄の胸壁より12メートル高いですから、強風で倒れた場合は高鉄の運営に影響します。

高鉄沿線施工について

高鉄沿線の両側の隣接地は建てられない範囲に、工程、建築、開発等の行為が現行の関連規定により主管機関の交通部高速鉄道工程局に書面で申し込む必要があります。そして、当局は当社と合同して高鉄の安全に影響するかを評価します。高鉄の運営安全を確保するために、その施工計画及び観測計画等が審査され、同意されてから、施工し始められます。