悠遊クレジットカード

適用範囲及び乗車注意事項

語彙の定義

  • 悠遊クレジットカード:クレジットカード発行機関より(以下は発行機構と称する)「悠遊カード株式会社」と提携し、クレジットカードの功能もあったり、悠遊カードの功能もあったりするICカード。
  • オートチャージ:オートチャージしたい悠遊カードと、決済用のクレジットカードをご用意いただき、オートチャージの設備でリンクさせると、設定金額がオートチャージをされます。領収書も発行されないし、手数料も支払わせません。

利用方法

  • お客さまはお持ちのオートチャージできる悠遊聯名カード(悠遊デビットカードは利用でません)で自動改札機にタッチして入場でき、自由席を搭乗することができます。しかし、残額でほかの車種を買うことやきっぷ料金の補足することに支払えません。

適用者

  • 大人きっぷのご利用のお客さま;12 歲最未満、65 歲以上、心身障害者と必要な同行者 1 人等,関連規則により、優待券を購入できる人は別途できっぷを購入してください。
  • 連続休暇や人波管制などの特殊の場合、本社は公告してから悠遊聯名カードの利用を制限することができます。
  • お客さまは悠遊聯名カードを持って乗車する前に、「台湾高速鉄道株式会社 電子票證乘車須知」(唯一の中国語版)をご覧ください。又、関連の権利や義務、利用や異常の取り扱いは、本社の「旅客運送契約」により取り扱います。

きっぷ料金の計算

悠遊聯名カードの悠遊カードは普通カードなので、きっぷ料金の決済は本社が発行する自由席の大人きっぷの料金によりされます。

デビット方法

悠遊カードでタッチして自動改札機を通るときに、自動で悠遊カード内の残額から運賃をチャージします。悠遊カードの残額が利用金額以下になると、システムは自動で差額を計算し、500 元の倍数を単位として、最小限の金額がチャージされます。(例えば:1,415 元が足りない場合,自動的に 1,500 元がチャージされます)。

取引記録

  • お客さまは悠遊カードで旅行完了後、「きっぷ購入(払戻)/搭乗証明書」を申し込んでもらうことができます。これが一通に限られます。
  • お客さまは企業のウェブサイト、各駅の搭乗情報検索機、きっぷ販売窓口で、一番近い取引履歴を照会することができます。